たまたま京都で判明した典型的なAGAの症状

30歳を超えてからやけに頭頂部からの抜け毛が増え、悩まされる様になりました。

これまでは特に日常生活でストレスを感じる様な事も無く、どちらかと言えば平穏無事に暮らしてきたつもりなのですが、ここ数年での薄毛化の原因がいまいちよく分からず、先日アレルギー治療でたまたま訪れた皮膚科にて薄毛専門の外来が有るという事を聞き、ついでに尋ねてみたところ、どうやらAGAの症状が強く出始めているらしいとの事だったのです。

AGAは男性である事の他、多少なりとも加齢によって促進される様で、人によってはそれが頭頂部や生え際に強く現れてしまうとの事。どうやら私もその典型的な症状だった様です。時間はあったので後日同京都の病院にて血液等の検査をしてもらった結果、果たしてAGAの症状そのものでした。

薬物以外で完全に薄毛化の進行を止める事は不可能であり、有名ではあるがやはりミノキシジル系とフィナステロイド系の複合的な投与が一番効果的との事だったのですが、保険対象外で月に最低1万円近くの費用を費やす価値があるのかどうか、検討する日々が京都で続いています。

参考リンクこちら:http://xn--aga-gm9dr541a.net/

AGA対策にはやっぱり名古屋の病院でだす専門の治療薬が必須!?

頭皮が透けるようになってきた時には、きっとこれがAGAなんだろうなという気持ちでしたね。名古屋でもうちは薄毛家系ですのでいつかハゲるとは思っていましたが、実際に薄毛になってくると本当に焦ります。
育毛剤を利用したり、育毛効果のあると言われているサプリメントを利用するなどして対策をしたのですが、なかなか改善させる事はできなかったです。
やはりAGAには専用の治療薬しかないかも・・と思ってフィナステリド薬とミノキシジル薬をaga 名古屋 口コミで知って利用するようになったのですが、これが劇的な効果がありました!
数ヶ月位は効果らしい効果も無かったのですが、半年過ぎた頃から明らかに髪の毛のボリュームがアップしてきた事を実感できました。特につむじ部分は危なかったのですが、頭皮の透けも全然気にならなくなりましたし、これが薬の効果かと感動しました。それと同時に、育毛剤などを頑張って使っていたのは一体何だったのかと思いましたし、最短で回復させる為にはやはり名古屋の病院でだす治療薬が必須なのかなと感じていますね。

なぜAGAになるのか?そのメカニズム

AGAになる原因は、遺伝の問題、生活環境の問題、男性ホルモンの問題などが挙げられ、いまだ定説はありませんが、それになるメカニズムとしては、すでに明らかになっています。
まず、それを理解する前に、毛髪の成長のサイクルの話です。
毛髪は、3つのステップで、生え、伸び、抜けていきます。

それが、
・伸びきった毛が抜けて次の毛が生えはじめる準備をする休止期(これが2〜3か月)
・毛母細胞が活発に活動し、毛が伸びる成長期(これが2〜6年)
・成長が止まり抜けやすい状態になる退行期(2〜3週間)
の全部で、6年くらいのサイクルです。

しかしAGAになると、このうちの成長期が異常に短くなります。通常であれば、6年間続くものが、1年程度になってしまいます。

すると、毛髪は生えてから十分に伸びないうちに退行期に入って抜けていくことになります。AGAの人の抜け毛を見るとほとんどが、産毛のように細くて短い髪の毛であるのは、これが理由です。

これらによって、どんどんと髪の毛が薄く、少なくなっていく、それがAGAなのです。